LITE版P2「健康の記録」

エンディングノートの書き方、「健康の記録」のページについて書きました。

電子書籍、「40代・50代から始める遺族に迷惑をかけない!!失敗しないエンディングノートの書き方」

を出版しました。将来、発生するエンディングノートに関する課題を、主婦三人の会話形式で書い

ています。以下、その一部を掲載します。

 

花子さん「『健康の記録』は、いざというときのために大切そうね。」

すずきさん「そうなの。特に一人暮らしの人は大切なの。救急車を呼ぶ事態になったときなど、医

療情報がないために、取り返しのつかない結果になってしまうことも考えられるわ。救急隊員に見

つけてもらいやすいように、ベッドのそば、玄関、冷蔵庫などに、このページをコピーして、置い

ておくといいわよ。」

ilm09_al02007

 

 

 

 

花子さん「想像するだけでどきどきするわ。いざとなったらパニックになりそう。」

すずきさん「家族が同居している場合でも、パニックになると、当たり前のことが思い出せなかっ

たりするの。私も最近、言葉がすぐに出てこないときがあるの。あれ、あれ、なんだっけ~みたい

な・・・」

花子さん「わかるわ(笑) 家族がいる場合でも、書いておいたほうがいいわね。」

すずきさん「“緊急連絡先”は、確実に連絡がとれるように、できれば2人分書いてほしいの。仕事

によっては携帯が使えないこともあるし、たまたま携帯の電源が切れているかもしれないわ。電話

連絡のとりにくい人は、メールアドレスも書いておいてね。」

花子さん「なるほど、わかったわ。」

すずきさん「“血液型と既往症・アレルギー”も必ず書いてほしいの。既往症やアレルギーがあるこ

とを知らずに治療して、余計に悪化させるケースや、最悪、死に至る可能性もあるからとっても大

事なの。」

花子さん「正直、そんなに大事だとは思っていなかったわ。教えてくれてありがとう。」

続きを読んでみたい方は、こちらからお願いいたします。

このページはいかがでしたか?
  • 気に入りました! (2)
  • とってもいい (1)
  • 参考にします (0)
  • 同感です (0)
  • いいですね (0)
冊子販売