LITE版P15.16「財産の記録」7.貸付金 8.負債 9.その他(デジタル遺品など)

エンディングノートの書き方、「財産の記録」のページ、 7.貸付金、8.負債 9.その他について書

きました。

7.貸付金
だれかにお金を貸しているときは、そのことを書いておきます。本人が死亡すると、口頭で「故人

がお金を貸していたので返してください」と言っても、とぼけられる可能性があります。だれかに

お金を貸している場合は、その立証資料(契約書等)の保管場所も必ず書いておきましょう。万

一、口約束だけで、お金を貸しているような場合は、今からでも契約書の作成は可能ですので、必

ず、作成するようにしてください。お金は貸すときまでは、貸主が上の立場ですが、いざ、貸して

しまうと、借主が上の立場のようになってしまいます。本人の死亡時点で、貸したお金が全額返済

されていない場合、相続人が請求できるようにしておきましょう。

8.負債
だれかからお金を借りている場合、その事実がわかるように必ず書いておいてください。書くだけ

でなく、直接、伝えておくのがベストです。相続が発生し、本人のプラスの財産よりもマイナスの

財産(借金)が多いとき場合、相続人は、相続放棄の手続きをとることができます。相続放棄と

は、すべての財産を相続しないという手続きのことです。マイナスの財産(借金)だけ相続しない

ということはできません。相続人が「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以

内」に、家庭裁判所に「相続放棄の申立て」を行います。その期限を過ぎると、相続を承認したも

のとみなされ、相続人は、借金を背負わされることになってしまいます。相続のときには気づかな

かったけど、半年後に多額の借金があったことに気づいたような場合、家庭裁判所の判断で相続放

棄が認められることもあるようですが、相続人にそのような苦労をかけないためにも、借金の存在

は、しっかり伝えておくようにしましょう。

空き家問題
相続放棄の申立件数は、年々増えているようです。借金が多いからという理由の他にも、例えば、

田舎にいる親が亡くなり、古家を相続したけど、だれも住む人がいない、かといって、売りに出し

ても売れない、現金もないに等しいというようなケースで相続放棄をする人もいるようです。いわ

ゆる「空き家」です。ここで注意しなければならないのは、相続人全員が相続放棄した場合でも、

空き家を放置していたことが原因で、隣家等に損害を与えてしまったような場合、相続人に管理責

任が発生し、損害賠償責任を負う可能性があるということです。管理責任を負わないようにするた

めには、「相続財産管理人の選任」の申立てを家庭裁判所に行い、相続財産の管理を「相続財産管

理人」に引き継げばよいのですが、申し立てには、「予納金」が必要で、数十万円程度はかかるよ

うです。相続放棄される方は、このような問題があるということも考えて、相続放棄を検討される

とよいでしょう。

9.その他(デジタル遺品など)
パソコン・スマホ・タブレットなどをお持ちの方も多いと思います。最近は、これらのデジタル遺

品が問題になるケースが増えています。

パソコンの暗証番号がわからないと、パソコンの中身が見られません。中小企業のワンマン社長が

亡くなり、そのパソコンの中に重要な顧客情報などが入っていたような場合、その暗証番号がわか

らなければ、会社として大変な損失を被ることになるかもしれません。もちろん、リスク管理の一

環としてそれらの対策を行っていなければいけないことですが、意外と盲点になっていることもあ

るようです。プロに解除してもらうように依頼しても、100%解除できるとは限りません。

また、株式の信用取引やFX取引などをパソコンで行っていた場合、本人の死亡後に投資環境が悪

化し、相続人の知らない間に多額の損失を被ってしまうことも考えられます。パソコンの暗証番号

は、万一のときのために、伝えておかれるとよいでしょう。

スマートフォン、タブレットも同様です。最近は、パソコンを持たずスマホだけという人も多いと

思います。パソコンと同様、スマホの暗証番号を伝えておくようにするのがよいでしょう。

Facebook,mixi,ブログ、インターネット上でデータを保存できるクラウドなどの扱いもどのように

するのかを伝えておくのがよいでしょう。

鱸行政書士事務所が2か月に一度発行している情報発信でも取り上げていますので、是非、参考にしてください。

 

このページはいかがでしたか?
  • とってもいい (1)
  • 参考にします (1)
  • 気に入りました! (1)
  • 同感です (0)
  • いいですね (0)
冊子販売