カテゴリー別アーカイブ: 終活について

なぜ遺言書を書くのか

終活のしめくくりとして、遺言を考える方もいらっしゃると思います。「うちは、そんな大した財産はないから大丈夫」「うちの子に限ってもめるわけがない」そう言われる方も多いです。

今日は、実務で依頼を受けた案件をもとに、「なぜ遺言書を書くのか」を考えるきっかけにしていただけたらと思います。

notepad and pencil

私が依頼人のお子さんのA子さんとお会いしたのは、友人の紹介でスマイリングエンディングノートを買っていただいたのがきっかけです。A子さんは、お父さんが亡くなったときの遺産分割の際に、遺産のほとんど全部をお兄さんが相続し、A子さんは何も相続できず、とても嫌な思いをされた経験がありました。

 

A子さんのご家族は、お父さん、お母さん、お兄さんの4人です。お父さんが亡くなられたときの財産は、自宅不動産、預貯金で、それなりの金額でした。お母さん、お兄さん、A子さんで遺産分割の話合いをしたというよりも、お兄さんが一方的に、「財産はぼくが全部継ぐから」の一点張りで、A子さんはもめるのが嫌で結局、1円の財産も相続しませんでした。

obasan_shock 無料

何でゼロなの?

 

自分の財産の整理にという思いでスマイリング・エンディングノートのFULL版を購入し読み進めるうちに、「遺言書」があれば兄ともめずに自分も財産を相続することができることを知りました。遺言書についてもっと詳しく知りたいという思いで、私にご相談いただきました。

私からは、遺言書に財産の分け方を書いておけば、お兄さんと協議することなく遺産を相続することができること、ただし、自筆証書遺言(自分で遺言書を書く)の場合は、検認手続といって、遺言書を家庭裁判所に持っていかなければならず、その手続きで1か月以上はかかること、万一、遺言書に不備があると、その遺言書が無効になってしまうこと、公正証書遺言にしておけば多少の費用はかかるが、相続発生後、速やかに遺言書に沿って手続きが勧められること、遺言執行者を決めておけば、お兄さんの印鑑証明なども必要ないことなどをお話させていただきました。

お母さんの財産は、預貯金900万円です。一般的には、うちにはそれほどの財産はないからという金額ではないでしょうか?それでも、お母さんは、遺言書を書くことを決められたのです。自分の相続のときまで、お兄さんともめてA子さんに可哀そうな思いをさせたくなかったからです。

ILM10_DA06015

 

その後、お母さんと面談させていただき、財産の確認とだれにどの財産をあげたいのかを確認させていただきました。財産については、A子さんが予めお母さんから聞いて、書きだしてくれていました。通帳を拝見すると、年金が入金される口座と光熱費が落ちる口座が異なっていて、年金が入金されたときに下して、わざわざ別の銀行に入金しているということでした。それを負担に思っておられたので、光熱費が落ちる口座を変更されることをお勧めしました。「そんなこと当たり前じゃない?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、年齢を重ねると、不便を感じながらもずるずるとそのままにしてしまっていたり、そういうことも思いつかなくなってしまうのです。ちなみにお母さんの年齢は83歳です。

そのほかにも、毎年更新される保険証書を何年分も大事にとっていたり、亡くなったお父さんの古い年金関係の書類までとっておられました。必要なもの、不要なものを1つづつ確認して分けていきました。時間はかかりましたが、お母さんにとても喜んでいただけました。

遺言書を書く前に、財産の整理をまずしなければなりませんが、1人ではなかなか進まないことも多いです。子どもがいても、自分の財産の全部を子どもにはまだ知らせたくないと思われる方もいらっしゃいます。そんなときは、専門家にお手伝いしてもらうのも1つの方法です。

遺言書は、70代で一度書いておくのがよいと思います。個人差が大きいですが、80代ではしんどいかな~という印象です。

面談はご自宅まで出張させていただきます。ちょっと聞いてみたいなと思われたら、お気軽にお電話してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

シニア向け分譲マンション

 

年齢を重ねても今まで通りの生活を送りたい、でも、からだは年々弱ってくる、何か頼りになるもの

がほしい、こんなニーズにマッチするのがシニア向け分譲マンションです。以下、一般的に多いケ

ースをみていきましょう。

ILM17_DA01049

シニア向け分譲マンションは、一般住宅に比べバリアフリー化な

ど、高齢者が生活しやすい仕様になっています。分譲ですから、

買った人は、そのマンションの所有権を得、将来、相続が発生し

たときには、子どもなどに相続させることができます。施設も充実

しています。必要な時だけ利用できる食堂や、大浴場、フィットネ

スルーム、娯楽室などもあり、様々なリクリエーションも催され、毎日充実した日々を送れるように配慮さ

れています。将来、介護が必要になったときには、施設内、あるいは隣接する介護事業者から、介護サ

ービスを受けることができます。医療機関とも提携しています。緊急時には24時間対応のスタッフが常駐

しています。メリットはたくさんありますね。

 

では、デメリットをみていきましょう。施設が充実している分、分譲価格は高くなります。管理費も毎月4万

円~10万円程度かかるところが多いようです。管理費の他に修繕積立金や、固定資産税を支払わない

といけません。相続が発生した場合、相続した相続人が住めばよいですが、転勤などで住めないことも考

えられます。だれも住まなくても、高額な管理費や修繕積立金は毎月発生します。それならばと、売却を

考えたとしましょう。時間の経過とともに施設は古くなっていきますので、思うような価格で売却できると

は限りません。最悪、売却もできず、管理費等の負担だけが毎月発生するという事態になってしまうかも

しれません。

介護が必要になったときはどうでしょう。 

ILM17_DA01031

施設内に介護事業者があるような場合でも、別途介護事業者との契約が

必要になります。ケアマネージャーがたててくれたプランに沿って、必要な

介護サービスを受けることになります。それでも、軽度の介護の場合は、

問題なく過ごせるでしょう。問題は、中程度から重度の介護が必要になっ

たときです。在宅介護だけでは十分な介護が受けられません。ですが、支払い限度額を超えてしまった

場合、その超過分は全額利用者負担になります。毎月高額な介護費用が必要になることも考えられ、

介護付き有料老人ホームへの入居を考えたほうがよいケースもでてくるでしょう。

メリットがあれば、必ずデメリットがあります。大金をはたいてマンションを購入し、「こんなはずではなかっ

たのに」と後悔しないように、契約時には、営業マンあるいは施設運営業者の担当者がいうメリットだけを

聞くのではなく、契約書、重要事項説明書を確認の上、わからないことがあれば必ず質問して疑問を解

消しておきましょう。

そうはいっても何だか不安という方には、す施設との契約をお手伝いさせていただきます。気になる方

は、お気軽にお問い合わせください。

 

お墓選びのポイント、墓石選びのポイント

いざ、お墓を購入するとなると、何に気をつけて選んでいいかわからない、あるいは、ほんとうにこれでい

いのか不安という方がほとんどではないでしょうか?

以下、エンディングノートのFULL版に記載されている内容ですが、購入のポイントをわかりやすくまとめま

した。プリントアウトして持ち歩くと、お墓めぐりする際に役に立ちますよ。

 

●●●お墓選びのポイント

墓地の購入は、宅地のように所有権を得るのではなく、墓地の永代使用権(永久に使用する権利)を得

るものです。購入時に支払う永代使用料の他に、管理料などが必要になります。

  ◆交通の便 —- 実際に行って、電車の接続や所要時間を確認する。

 ◆管理・サービス —- 掃除が行き届いているか、休憩場所、トイレはあるか。併設の会館や、近くに法

  事を行う施設があれば便利。

 ◆経営母体の健全性 —- 経営母体の健全性が一番問題になるのは、民営墓地。

 ◆料金体系 —- 永代使用料だけでなく、管理費や供養料を確認する。

 ◆石材店 —-石材店が指定されている場合は、その石材店の評判はどうか。

 ◆使用規則 —- 墓石の形や大きさ、お墓を建てる期間などに制限がないか。

 

●●●墓石選びのポイント

 ◆地元業者の評判・実績 —- 実際に建てたものを見るのがよい。

 ◆墓石の質 —- 外国産を国産と偽る業者もあります。「石材産地証明書」で確認。

 ◆アフターサービス—- 保証期間は通常10年で、永久保証などはありえない。

 ◆支払い —- 契約時の手付金、工事完了時の残額支払いが一般的。工事前に全額支払いを要求する

  のは問題業者の可能性大。

  ◆基礎工事 —- 住宅の基礎工事と同じようにお墓の基礎工事はとても重要。事前に報収集のうえ、

  できれば基礎工事を見学するのがよい。

 

 

散骨

散骨は、遺骨を細かく砕いて海や山にまくことをいいますが、みなさんの回りにも散骨を希望される方が

いらっしゃるのではないでしょうか?

私の回りにも「自分が死んだら、遺骨を海にまいてほしいと頼んでいる」と言われる方が複数いらっしゃ

います。どこに頼めばいいのだろうと思われている方は、下記サイトが参考になると思います。

日本海洋散骨葬情報センター

ILM02_BC12006

 

ただ、海や山(山の場合は許可が必要)のあちこちに他人の遺灰がまかれていると思うと、なんだか気持

ち悪いと思われる方もいらっしゃるでしょう。私も正直気持ち悪いかも(^_^;)

 

散骨は法律的に問題はないのでしょうか?

こちらのサイトにわかりやすくかかれていますが、「墓地、埋葬等に関する法律」 では、散骨についての

既定がありません。この法律が制定された当時、散骨という考え方がなかったからです。法務省は「葬送

を目的として行う限り、死体遺棄には当たらない」 厚生労働省は「墓埋法は散骨を規制するものではな

い」という見解を過去に述べたといわれていますが、文書は残っておらず、正式なものではないようです。

散骨は、今後も需要が増えていくと思われますが、散骨が世間一般に認知されていくにつれ、地域住民

や漁業関係者とのトラブルも発生しており、条例で散骨を禁止したり規制するところも出てきています。

各自治体任せにするのではなく、国による何らかの規制が必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献体

エンディングノートをご購入いただく際に、なぜ購入されるのかという理由をお伺いしております。そして、

可能な限り、その理由の参考になる資料を、エンディングノートとともにお渡しするようにしています。例え

ば、先日も献体をしようと思っていて、そのことを是非エンディングノートに書いておきたいという方がいら

っしゃいました。LITE版を購入していただいたのですが、LITE版には献体についての解説などは書いて

いません。そこで、FULL版にかいてある解説及び参考資料(以下のブログのコピー)つけてお渡ししまし

た。まだお若い方だったのですが、献体登録がこれほど多いとは思っておられなかったようで、とても参

考になったと言っていただきました。

ILM02_DD20022

以下、FULL版の解説です。

「献体は、医学および歯学の発展のため、死後に肉体(遺体)を無償で提供することです。献体の登録を

するには、居住地の都道府県にある医科大学(大学医学部)、歯科大学(大学歯学部)、または財団法

人日本篤志(とくし)献体協会に申し込みます。最近は、献体登録される方が増加し、一部の大学などで

は登録を制限するところもあるようです。献体登録するためには必ずご家族の同意が必要です。

ご家族の同意を得たうえで献体登録をしても、いざそのときになって、ご家族や親族が反対し、献体が

行われない(不献体)ということも多いようです。じっくり話し合い、理解を得ておくことが大切ですね。

参考サイト  献体登録が増えています   希望がかなうとは限りません   夫婦で登録

献体の趣旨からははずれますが、献体をすると葬儀の費用がかからないからという理由で希望する方も

いらっしゃいますが、取扱いについては、各大学によって対応が異なるようです。

献体の増加は死生観の変化のあらわれなのでしょうか?今後も献体を希望する方は増えていくと思い

ます。

 

お墓参り・お墓掃除の代行サービス

お墓参りをしたいけど、遠くていけない、仕事が忙しくいけない、お墓参りには行けても、足腰が弱ってお

墓の掃除がしんどい、こんな方が増えています。

ohaka 無料

これらの悩みを解決してくれるのが、お墓参り・お墓の掃除代行サービスです。 

費用は、1回13800円。掃除前と掃除後の写真を送ってくれるそうです。

また、外出に介助が必要な方のために、ヘルパーが自宅から墓まで送迎するサービスもあります。

費用は、1回平均4万~5万円ということですが、2~3か月に1回は行きたいという高齢者は多いそうで

す。お墓のことが気になる方は、こんなサービスを利用するのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

樹木葬

8月に入り、お盆ももうすぐ。お墓参りのことを考えながら、自分のお墓をどうしようと考える方もいらっしゃ

ると思います。最近は、お墓に対する考え方も多様化していて、従来のお墓とは異なるものを選択される

方も増えています。今回は、年々、需要が増えている樹木葬についてみていきましょう。

 

ILM02_AA01005

従来からの墓石の代わりに、木や花を墓標にして遺骨を埋めるものを樹木葬といいます。

お墓は、代々親から子へ受け継がれていくものですが、樹木葬はその承継を前提としていません。

子どもに負担をかけたくないと思う人

お墓を継いでくれる人がいない人

自然に帰りたいと思う人 などで需要が高まっています。

費用は、墓石のお墓の場合は、150万円~200万円程度は覚悟する必要がありますが、樹木葬は、おお

むね10万円~60万円程度ですむ場合が多いようです。

「樹木葬」で検索するとたくさん出てきますよ。以下、一例です。

最初の樹木葬 岩手県一関市

桜葬  認定NPOエンディングセンター 東京町田市  大阪高槻市

ばらの樹木葬 

観光名所の京都の東福寺・即宗院 なども樹木葬を設けています。

 樹木葬は、使用期間(20年や33年など)を設けており、その期間が過ぎると、合祀(他の遺骨と一緒にさ

れる)されるので、従来のお墓とは異なり、遺骨の所在がはっきりしなくなります。自分はよくても、家族

がいる場合などは、家族が納得しない場合もありますので、樹木葬を選択する場合は、予めよく話し合っ

ておくことをお勧めします。その他、運営者がしっかりしているかなども契約の際にはチェックする必要が

あるでしょう。

先祖が一緒に入るお墓ではなく、夫婦だけのお墓や、血縁関係はないけど、気の合う人同士が一緒

のお墓に入る墓友(はかとも)という考え方もあります。

選択肢が広がった分、迷うことも多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身辺整理してみませんか?(2)

 

不要な物はどうやって処分すればいいのでしょうか? 以下にざっと書いてみました。

  • ふとん、たんす、大型家具など

      →  一般的には、自治体の粗大ごみを利用します。各自治体によって扱いが異なります

        ので、事前にご確認ください。

  • エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル家電

     → 各メーカーや販売店に電話して引き取ってもらいます。(有償)

  • 不用品回収業者

      → 買い取りOKの業者 リサイクルジャパンなど

  • 宅配中古品買い取りサービス(不用品を送付して買い取ってもらえる)

        衣服、靴、バッグ、小物 → トレジャーファクトリー

        本、DVD,CD,ゲームソフト → ネットオフ

        パソコン、周辺機器 → いっとく 

        楽器 → 石橋楽器店

 

遺品整理を経験された多くの方は「労力も費用もかかって大変だった」と言われます。特に、専門の

業者を利用すると高額になってしまいます。

これからの生き方を考え 身の回りのものを整理し、すっきりした気持ちで余生を送るのは理想的な生き

方だと思います。それが、遺族の負担を減らすことにもなるのなら、まさに一石二鳥。

気力も体力もあるうちに、一度、身辺整理をすることをお勧めします。

身辺整理リストを作りました。

ダウンロードはこちら

身辺整理してみませんか?(1)

 

「生前整理」という言葉を、よく耳にするようになりました。亡くなった方の「遺品整理」は遺族がするもの

ですが、生前整理は、おおざっぱな言い方をすれば、その作業を本人が行うことです。

ただ、終活は意識するけど、何から始めたらよいのかわからないという方も多いと思います。そこで、終活

世代や、もう少し若い世代の方も、気軽に身の回りの整理ができるように「身辺整理リスト」を作ってみ

ました。リストを見ながら「そうそう、うちにもこういうのがある」と思っていただけたらうれしいです。

 

「整理」をするために「捨てる」「とっておく」「リサイクルに出す」ということを決めていきます。

比較的若い世代は、物を捨てることに抵抗のない方が多いですが、シニア世代となると、もったいなくて、

どんなものも捨てられないという方が多いです。このような方が、回りから言われて勢いにまかせて全部

捨ててしまうと、後から後悔し、それが精神的ストレスになることもありますので、

「使わないけど置いておくと安心するもの」などは、ダンボール箱に項目ごとに分けて入れ、生活する

のに邪魔にならないところに保管しておいてもよいでしょう。(最終的には処分してもいいことを書いておき

ましょう)

身辺整理リストを作りました。
ダウンロードはこちら